RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.01
28
Category : B/L
<作品> 「君という名の王国」 *連載中* R18 == BL ==
<作者> 水元由野 さま
<リンク> 「小説家になろう」さま

<作者さま作品紹介より>
広報部社員の真山七生は、新製品のCM撮影でサッカー選手の新田一矢と知り合った。
天才として名高い新田は、わがままでも有名で。

『俺様天才サッカー選手×天然気味サラリーマン』

::more
2017.01
09
Category : トリップ
<作品> 「片道だけのクロノス」 *完結済み*
<作者> 八千草 まあず さま
<リンク> 「小説家になろう」さま

<作者さま作品紹介より>
異世界で恋をした。その恋は、残酷だった。
守ってくれた手は、飼い殺すためのものだった。
異世界で恋をした。その恋は、心を壊した。

::more
2017.01
08
Category : トリップ
<作品> 「聖女の、遺産」 *完結済み*
<作者> 六つ花 えいこ さま
<リンク> 「小説家になろう」さま

<作者さま作品紹介より>
天涯孤独の身となった奈枝は、祖母の花嫁箪笥の引き出しから――なんと異世界に辿り着いてしまった。
そこで、セイクリッドと名乗る天邪鬼な少年と、出会い、別れ、そして。
彼女は今日も、引き出しを開ける。
「やっほう、セイ君。大きくなったねぇ」
お土産は、飴と、笑顔と、溢れんばかりの愛。

::more
2016.11
20
Category : 恋愛
<作品> 「こんなに大きくなりました」 R15 *完結済み*
<作者> 佳絵  さま
<リンク> 「小説家になろう」さま

<作者さま作品紹介より>
とある事情から一人旅をしていた私。
ある日、立ち寄った街で困ったことになり、声を掛けてくれた親切な老夫婦にふらふらと付いて行ってしまったら・・・。
ぎゃあ!山賊(仮)が出た!
え?保護する?ちょ、ちょっと待って、私には旅をしなければならないわけが・・・。ガキが遠慮するなって、ガキじゃないわ! 
見た目が山賊の男とその男に保護された女の恋物語。

::more
2016.10
29
Category : 洋風
<作品> 「氷と花」 R18 ⇒10.Dec.2016 に完結しました☆
<作者> 泉野ジュール  さま
<リンク> 「小説家になろう」さま

<作者さま作品紹介より>
氷のように冷たい彼が、恋に破れたマージュの新しい婚約者となった。冷徹なビジネスマン。幼い頃から知っているのに、ただの一度もマージュに興味を示したことのない疎遠なひと。これは愛のない結婚になるはずだった……。しかし、春の雪どけのように、彼の氷の仮面がゆっくりととけていく時、マージュの愛も花ひらいていく。産業革命時代をモデルにした、英国風ロマンス。

::more
2016.10
23
Category : トリップ
<作品> 「Where In The World」 R18 *連載中*
<作者> 天野斜己  さま
<リンク> 「小説家になろう」さま

<作者さま作品紹介より>
喪女を自任するあたしが、異世界に召喚されてしまう。
この世界の最高神の恩寵をもたらす“神子”として。
本来ならすぐに皇妃にされる筈なのに、美貌の皇帝はあたしに見向きもしない。挙句、三年半もの間、ほったらかしにされてしまう。「側室が沢山いる男の妻なんて、こっちからお断り!!」と思ってたあたしが、遂に別れを決意した。いつの間にか、あなたを愛し始めてしまっていたから・・・

::more
2016.08
20
Category : 恋愛
<作品> 「紅玉の涙~甘い腕に囚われて~」 R18 *完結済み*
<作者> 夕凪 向日葵  さま
<リンク> 「小説家になろう」さま

<作者さま作品紹介より>
「もうお遊びはおしまいだ。嫌なら犯すまで。滅茶苦茶に愛してやるから覚悟しろ」。悪魔と呼ばれるルティシアは、戦利品から王の愛妾にされてしまう。この世でただ一人、愛情を注いでくれる王に密かに想いを寄せるが、己が呪われた身と信じ、王に凶運をもたらすことを恐れて頑なに拒み続ける。その想いを知ることのない王は、かつての恩人であるルティシアに次第に惹かれ、受け入れようとしない彼女への執着を強めていく。切ないラブロマンス。不幸だけでは終わらない。ざまぁありの逆転劇!

::more
2016.08
13
Category : 現代
<作品> 「灼熱の砂丘」 R18 *完結済み*
<作者> ココ・サブレ。 さま
<リンク> 「小説家になろう」さま

<作者さま作品紹介より>
灼熱の砂漠で愛美を待ち受けていたのは──

ちょっと語学が得意だからと大学の夏期休みを利用して砂の都、サンドリアージュの田舎町ザビアに来た愛美。
「おい、見てみろっ!毛色の変わったメスがいるっ網をかけろっ!──」
「え?…」
市場の果物屋から買ったばかりの果実を頬張る愛美は、突然現れた黒装束の盗賊団に拐われて──

黒装束から覗く漆黒の瞳──
唇の口角を緩め不敵に笑微すると男は言った。
「お前にどれ程の価値があるか、俺が確かめてやる……」
嵐の如く浚われたその日から、全てを奪われた愛美は成す術もなく凌辱される日々を送る──
目眩く官能の疼き
無理矢理なのに心も躰も甘く痺れて虜にされる──

::more
2016.08
07
Category : トリップ
<作品> 「その腕、魅力的につき」 R18 *完結済み*
<作者> 雲海 さま
<リンク> 「小説家になろう」さま

<作者さま作品紹介より>
異世界トリップ物。 ドアを開けたらそこは異世界でした。そんなお話(のプロローグ?)。

::more
2016.07
17
Category : ヒューマン
<作品> 「明日、カフェで会おう」 R15 *完結済み*
<作者> 乃梨  さま
<リンク> 「小説家になろう」さま

<作者さま作品紹介より>
恋と仕事をいっぺんに失くした椎野直、職業バリスタ。再出発にと選んだカフェ・アンソロジーでまったくタイプの違う三人の上司と出会う。その内の一人、総責任者の海道聡は初対面から無愛想でぶっきらぼう。初めは怖くて苦手だったものの、少しずつ彼の内面を知り惹かれていく直。一方、妻・祥子の死に罪悪感を抱く聡は、直への想いを自覚するも一歩を踏み出すことができない。やがて聡の友人でもあるもう二人の上司が、何らかの思惑のもと彼らのために動き出して――。もどかしい二人の恋の行方は? そして祥子の死の裏に隠された事実とは? 郊外のカフェを舞台に繰り広げられる恋と人間模様。

::more