RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.11
22
Category : 家族
<作品> 「夫の遺産」R18 *完結済*
<作者> 日原 陽子 さま
<リンク> 「小説家になろう」さま

<作者さま作品紹介より>
姉の夫が死んだ。二十歳の年の差夫婦の結婚生活は、たった三年であっけなく終わった。ように見えた。

人が死ぬお話は苦手なのですが、この作者さまの別のお話「私と大佐とたまに犬」がとても面白かったので、他の作品を探していて見つけたお話です。

不思議なお話です。
悩んだのですが、恋愛というより、家族愛かなぁと思い、こちらに分類しました。

冒頭から主人公の夫が若くして亡くなることが分かっているので、恐る恐る読み進めながらも、ヒロインである元ヤンのシングルマザーと、20の年齢差、社会的地位の異なる男性との、生活基盤が異なるがゆえにすれ違うやりとりは、物語に緩急がつき、話を悲壮にさせません。
「断捨離か?」
「ダン・シャーリー?」
には、かなりウケました。

こちらのお話、人の名前が出てこないのです。
内容はそうではないのに、全体的にどこか淡々と「静」を感じる理由の1つでもあるのでしょうか。

2人が結婚してからの様子もとても素敵で、ヒロインの正直で少々明け透けなところと、彼女に「おっさん」と言われる社会的地位の高いダンナ様の時折トボけた感はしっくりきます。2人の会話、面白いんです。

不思議に思っていたことが、最後に、ヒロインと一緒になって、「そういうことだったのか」と、本当ならキテレツで信じがたいお話も、不思議なこともあるものだ・・・と納得させられます。そこに至るまでの伏線は、そういうことだったんですね。すごい!

番外編が1つあります。
真珠のネックレスのお話は、本編を読み終えた後でも、ちょっと切ない。


「私と大佐とたまに犬」も、とっても面白いですよ。
軍隊(制服)ものも好きです。
男性視点には、キュンです! これがツンデレですか??

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。