RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.11
08
Category : B/L
<作品> 「誘惑☆大作戦」R18 *完結済* ==B/L==
<作者> 藤原 チワ子 さま
<リンク> 「小説家になろう」さま

<作者さま作品紹介より>
帰宅途中の佐倉圭吾(35歳独身)は、気づくと神殿の魔法陣の中に召喚されていた。
そこは「サクラ」という名の美少女が、竜を倒すファンタジー世界。
異世界の平和と貯金二千万に再会する為、彼は今日もイケメンを口説く。
目指せ、“ぼくのかんがえた さいきょうの びーえる(ただしおっさん)”。基本ほのぼの18禁エロコメディ。

とても人気の高い作品、ということは知っていたのですが、なんとなく次の機会に・・・としてしまっていたことを、大大大後悔!
あらすじは確かにその通り、なのです。ほのぼので、18禁エロコメディです。ですがですが、妙に考えさせられてしまったり、切なくなったり、登場人物はほぼ全員男性であるにも関わらず胸キュン♪な作品です。

登場人物のとても多い作品ですが、キャラクターの書き分けが素晴らしく、「あれ、これ誰だったっけ?」ということがありません。そして何より、彼らの誰もが魅力的です。 登場人物の誰も、最初から最後までキャラクターがブレない。だからお話もブレない。お話は比較的長めですが、余計な部分がなく、最後の最後に丸ぅくカチッと閉じる、そんな感じがしました。

主人公ケイゴの心中のツッコミにプーッと吹き出すこと多々あり、彼を取り巻く男性陣たちの言動にも、ププーッとこらえきれず笑ってしまいます。
エロに対しラフすぎるほどの彼ら、真剣にエロに取り組む彼らの様子に笑いなしには読み進めないのですが、しかししかし、彼らの根底にあるコメディにはできない部分が時々チクリときます。この温度差が、またいい。

彼を召喚した女神さまの数々の言動には、ケイゴと一緒になって叫べること間違いありません。
でもそんな女神さまの最後の祝福に、この女神さまいてこそだったと、これまでのお話を思い返しては再び読み返したくなるのです。

こちらのお話、番外編があります。
その中に、私が最初から素敵♪とドキドキしていた将軍とのカップリングエンドがあり、メロメロのバタンキューでした。


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。