RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.09
23
Category : トリップ
<作品> 「砂の国のオアシス」 R18 *完結済*
<作者>  桜木 エレナ さま
<リンク> 「ベリーズカフェ」 さま *「小説家になろう」さまでのリメイク版は、退会と共に削除されました

<作者さま作品紹介より>
19歳の誕生日、いい気分で家に帰っている途中、気づけば私は知らない森へ迷い込んでいた。
その上毒蛇に脚を噛まれた私を助けてくれたのは、ものすごく尊大な物腰の、とても背が高く、素晴らしくハンサムで、がっしりした体つきの、「リ・コスイレ」と呼ばれる男の人だった。
俺様度1000%の国王様と、健気に異世界で生きる小娘の、サバイバルな恋の行方。


すっごく面白かったです。面白くて楽しくて、1度読み終えてすぐに再読しました。
最近は異世界トリップものばかりのご紹介ですが、やはり大好きなシチュエーションです。(余談ですが、韓国ドラマでもはやりましたよね、確か?)

さて。「俺様」といっても、その男性のタイプはいくつもあるかと思いますが、こちらの作品のヒーローは、それはそれは、とっても魅力的な俺様で、言動もさることながらヒロインのキャラクターにピッタリ似合っているためか、最初から最後まで一片の違和感もなく、全てがピタッ、ピタッとあるべきところに収まっている、といった感のあるお話でした。

私の場合、登場人物の中でもどれだけヒーローの性格に対して、素敵♪と思うかによって物語へのハマり度が変わります。
こちらの作品のヒーローであるリ・コスイレのカイルはもう、どう表現すればいいでしょう。とにかく、素敵です(すいません、しつこくて)。
2人の出会いから最終話までの、カイルの揺るがない態度、そして強引だけど優しいという強さに、読みながらロメロだったのです。
そして、対なるヒロインも純粋でキュートです。その純粋さゆえに時々起こしてしまう(起こってしまう?)諸々に、振り回される周囲の様子には、ハラハラというより微笑ましく読み進めます。

登場するのは架空の国ですが、その国の言葉、特に頻出する「ゴライブ」や「グラ・ドゥ」など、響きがとても綺麗です。作者さまはどうやって創作されたんだろうなあと、唸るばかりです。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。