RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.09
14
Category : トリップ
<作品> 「Only with Your Heart」 R18 ⇒2016年6月15日、完結しました♪ ⇒2017年1月27日、「Only With Your Heart 烈炎の騎士と最果ての恋人」という名前で書籍化されます。
<作者>  泉野ジュール さま
<リンク> 「小説家になろう」 さま

Only With Your Heart


<作者さま作品紹介より>
綾瀬千鶴はいっけん、普通の新人契約社員。しかし彼女には誰にも言えない秘密があった……高校最後の夏休み、異世界へと召還され、世界を救った過去があるのだ。そして、『烈火の騎士』と呼ばれたその世界の英雄と、恋に落ちた過去が。中世風の世界が舞台の、すれ違い恋愛ファンタジー。

はい。トリップものが大好きです。
ビビりなもので、最近は特にタグを見てから拝見するようにしているのですが、そこに「ハッピーエンド」「溺愛」の文字がなければ、途中で最終話(現時点での)を先読みしていたかも知れません。
いえ、かなり早い段階で、ハッピーエンドだろうなあと予想ができるのですが、恋愛ものにはつきものの”紆余曲折”というものが、なかなかシビアに描かれています。

ヒロインにとっての1年は、相手には14年だった。この差は、ヒロインのチヅルより、ヒーローのルクロフにとってより大きなズレ。そして、彼の過去を知るにつれてチヅルが「だけど」思うことに読み手は、うんうんと頷きつつも、「どうして」とも続くその後に、それでも過去にさかのぼっても、やはり同じことを選んだんじゃないか、とか、反対を選んでいたら心残りと後悔を抱えたままチヅルはルクロフの側にいても幸せにはなれないんじゃないかなぁ、などと、読んでいて「もし自分だったら」、と考えることの多い物語です。答えのない自問自答は、リアルだからでしょうか。

ルクロフ視点はあまりありません。ですが、チヅルの目に映る彼が、チヅルの抱えているそれよりずっと大きな葛藤を抱いていて、そして彼の恐れを感じるにつけ、ぎゅーっと切なくなります。
物語は徐々に2人に柔らかくなっていきますが、まだ登場しない国王もきっと出てくるに違いない。そうなると、またお話には楽しいだけではすまないことも出てくるだろうと思うと、続きが楽しみだけどハラハラします。

2人には必要な14年だった、という最後であってほしいなあ、などと勝手に思いつつ、更新をお待ちしています。


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。