RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.08
16
Category : トリップ
<作品> 「世界を救った姫巫女は、」 *完結済*
⇒2015年9月27日をもって、書籍化のためダイジェスト版に差し替えられます。⇒2016年6月、全編削除されました。
<作者>  六つ花 えいこ さま
<リンク> 「小説家になろう」 さま

<作者さま作品紹介より>
「子猿にしか見えない」
世界を救った褒美に与えられたのは愛しい人との結婚。それを自分だけが望んでいたのだと知った理世は、旅に出ることを決意する。
逃げるように飛び込んだ酒場で、酔っ払いに絡まれた理世を助けたのは、美しい女性騎士だった。テレーズと名乗った彼女と、理世は二度目の旅を共にすることになる。
しかし、理世は知らなかった。
その美女の正体を。彼女の、優しさの理由も――

「聖女の、妹」と同じ作者さまの作品です。

すごくキュンキュンしましたよぅ!
異世界トリップもので、世界を救う存在で、騎士や王族がいてと、お約束パターンで私の大好きなシチュエーションが満載なのですが、他のお話と異なるのはこちらの作品、彼女が世界を救った後からが物語の始まりです。

ヒロイン理世は世界を救う旅に出、その道中ずっと自分の側にいてくれた守り人の1人であった騎士テオバルトに恋をします。そして世界を救った後も彼といることを願い、それは叶えられるはずだったのです。
けれど、彼が自分のことをどう思っているのかを知った彼女は、一人旅に出ました。
旅に出て早々に出会う美女テレーズが何者なのか、それは出てきた第2話で読者には分かります。けれどヒロインには分からない。彼女にとってテレーズは、旅の途中で出会った素敵な同性。だから言動が無防備になる。
そこに、なんだか秘密を垣間見ているような気がして、とてもドキドキするのです。
物語のメインは、理世とテレーズの旅の道中です。時々入れ替わる視点の中で、2人が自分の心をたぐって少しずつ変化していく様子が分かります。
テレーズの視点には私はもう、じれったさにジタバタしてしまいました。

最初から最後までキュンです。終わってほしいけれど終わってしまうのがもったいないような素敵なラブストーリーです。
パンチのある女性やどんどん自身の力で開拓していく強い女性の物語も大好きですが、騎士に守られる女性も好きだー! 

物語全体が、登場人物が非常に限られていて、すっきりと読みやすく描かれています。
この作者さまの句読点と間の使い方がとても印象的で好きです。


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。