RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.05
06
Category : 恋愛
<作品> 「硝子の靴は、赤い糸?」 *完結済*
       ⇒TOPページ⇒作品バナー
<作者>  水藍 さま
<リンク> 「水藍の、勝手気ままな小説ホームページ」 さま

<作者さま作品紹介より>
硝子の靴を履いたばっかりに(それを壊したばっかりに?)城に連れてこられた庶民なヒロイン。
手強い爺さん、群れるメイド。超非常識王子、エトセトラ。出るわ、出るわ、変な人。
こんな場所で大人しくしている彼女・・・なら話はそこで終わり、王子も汚れにならずに済んだ?
お互い、あり得ないほどに非常識な庶民と王子の、ラブになるかもしれないコメディ。

以前ご紹介させていただいた「お隣さんの、お隣さん」と同じ作者さまの作品です。
この作者さまのラブコメ(しかも今回は、”ラブになるかもしれないコメディ”。笑)は、シリアスものよりなぜかドキドキドキドキするのです。

ヒロインであるレイラのキャラが、発言が、行動が、思考が、とにかく笑えます。王子様に対してもかなりぞんざいで、出会いから、かなりオレ様キャラのはずの王子様は正直に素直に傷つきます。何度も。
クリスロットという素敵な名前があるのに、あっさり「リス」と、小動物と同じ名前に省略され・・・。
リスはリスで、まさか現れると思っていなかったお妃候補レイラの出現にぶっきらぼうで、オレ様っぷりを発揮するのです。しかしそれでもさすがはヒーロー、レイラにはなかなか通じませんが、不器用だけれど垣間見える優しさに、私がドキドキします。
とはいえ、もちろんそんな2人がすんなりと結婚、という運びになるはずもなく、とにかく言い合い、掛け合い、果ては逃亡と、攻防は延々と続きます。
更には、出てくる、出てくる、強烈なキャラを持った脇役たち。

一見ドタバタなのですが、すごく練り込んでらっしゃる構成なんだなあ・・・と、最後にはむむぅと唸る仕上がりになっています。
そして、続編になってもその楽しさとパワーがまったく落ちる様子もなく、最後までブレない面白さ。
いえ、まさか、ラストがあんな風だとは予想もしておらず。ヤラレました!

Comment

非公開コメント