RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08
26
Category : 恋愛
<作品> 「繋いだこの手はそのままに」 *完結済*
<作者>  六道 イオリ さま
<リンク> サイト名 「黄昏ニ堕ル丘」 R18

<作者さま作品紹介より>
人類の半数以上が死亡した内乱が一応の解決をみてから百年ほど過ぎた頃の皇帝・37代シュスターク
銀河帝国唯一の継承者は、類稀なる天然ボケだった
皇帝としての自覚はあれど[微妙]なその皇帝が奴隷の少女に恋をする
自分の初恋に気付かない皇帝、その周囲が気を回しては繰り返される失敗
天然無敵にして身も蓋もない銀河帝国皇帝と、健気な奴隷娘の恋物語未満の物語

<主観で感想>以下よりどうぞ☆


お話は・・・作者さまのあらすじ通りです。
皇帝が天然ボケです。本当に。笑
が、彼の過去を読めば、まだ普通に育ったのではないか・・・と思えます。凄い(逆の意味)母親を持ったのですが、作者さまの文章のテンポのよさに、なぜか笑いが込み上げます。
このお話はコメディです、絶対。
うまく説明できないのがもどかしい~。

皇帝陛下もさることながら、こちらのお話は登場人物の全てが魅力的です。
特に、皇帝に全てを捧げてきた(しかし、成功したとは言いがたい)宰相デウデシオンと、度を超えたブラコンのザウディンダル(それにしても度を超えすぎです)が出てくるのが楽しみでならなかった私です。
なんだかんだと周囲からの協力(?)を得て恋をする皇帝。なのに、どうしてうまく進まないのか。
それはやはり、作者さまいわく「天然ボケ」だからなのでしょう。
この皇帝、これまでのオンノベに出てくるような男性を想像してはいけません。けれど、だからこれだけ面白いのかも。

登場人物の名前は、覚えるのが非常に困難なほど複雑で長いです。また、物語そのものも少々癖があるので好みは分かれるかと思います。
でも、単なるコメディなだけではなく、軽快さを保ったままの作風の中、時折そっと胸の奥の方をかすめような何かが端々にあるのです。
すごく素敵なお話でした。


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。