RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06
03
Category : トリップ
<作品> 「material sky マテリアル・スカイ」 *完結済*
<作者> kamisiro さま
<リンク> サイト名 「byablue
        Top Pageにある「Nove」からタイトルクリック

<作者さま作品紹介より>
    高原 霞。女、二十七才、独身、元広告代理店企画部所属。
  鏡像物質の衝突に巻込まれ、そのまま乗ってしまった異世界への直行便。
  そこでなんの因果か国家間の争いに巻込まれ、目前に死が迫る。
  知力を使ったサバイバル――果たして、生き残る道は?

<主観で感想>以下よりどうぞ☆
週末はほぼこの作品を読んで過ごしました。すごかった!
主人公の性格がかなり個性が強いため、好みは分かれると思うのですが、私には非常に魅力的でした。
まず物語の最初から最後まで通してずっとある静けさ、のようなもの。それは時々私を悲しませたり、切ながらせたり、何かしら焦燥のようなものを感じさせたのですが、それだけで、物語の最後がすべて丸く収まって誰もが幸せに・・・という展開にはならないのだろう先を予感させられました。(でも私の予感は結構外れます)

主人公が異世界で男性たちから求愛の的になる♪という甘い展開はなく、普通はもうちょっと主人公は愛されるものでは?と表面上思わせておきながら!笑
作者さまは「本編は非恋愛」と書いてらっしゃいますが、なんの、なんの。むふ。

とはいえ、霞が全編通して苦しむ姿は、27歳という年齢にしては老成しているようにも見えますし、頭がいいからこのような展開になったのだとすれば、それが果たして彼女にとって幸せだったのか、とも思えます。
彼女と空が、静かに描かれていき、タイトルのmaterial skyの意味が分かる時、幸せになってほしいなあ、としみじみ感じました。

それにしても、彼女の周囲にいる男性は素敵です。
個人的にはアストリアスさんだったりするのですが、殿下も素敵。陛下も素敵・・・。

そして何といっても、番外編。あれがなけれがmaterial skyではない(ちょっと言い過ぎ)~、と思うほど素敵な番外編。
空や冬を、なんと上手に描かれる作家さまなのでしょう。

何とも表現しがたい読後感のある素敵なお話でした。

Comment

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

○○○○ さま(アルファベット小文字4文字)

こちらこそ、そう仰っていただけるととても嬉しいです。
ありがとうございます。


こまめ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。