RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05
12
Category : 恋愛
<作品> 「この危うい関係」 R15 *完結済*
<作者> 素子 さま
<リンク> 「小説家になろう」さまにとびます

<作者さま作品紹介より>
戦に勝った国のおっさんの伯爵と負けた国の王妃の話。

あらすじを読んだ時、軽めのお話なのだろうと思いました。どちらかというとコメディかな、と。
が、とてもシリアスなお話でした。
有名な作品「氷の王妃」の作者さまでもいらっしゃいますが、心理描写が非情に丁寧です。そして、すれ違ってしまう人間関係の表現が、端的でありながら分かりやすく描かれています。

敗戦国の王妃エリザベスの冷静さから、夫であった王が生きていた頃の生活がなんとなく予想されるのですが、しかしそんな彼女に、熊とも親父とも呼ばれ、子供や女性から怯えられる容貌の勝戦国の騎士であり伯爵のクラークはほぼ一目ぼれ同然に恋します。
そんな事情からか、物語は一人称ではないにも関わらず、クラーク視点でほぼ進んでいくように感じます。
彼の周囲の人間がことごとく彼に好意的(?)なおかげか、内容そのものは重いのに、読みやすいです。
また、武骨なクラークは、初めての感情に自分でも戸惑いすぎて対応しきれず、元王妃から受ける誤解の数々には、プッと笑えてしまいます。

最後の最後まで、焦れ焦れしました。
元王妃の様子がクラークと対局にあることがそれを増幅しているのかも知れません。

この作者さまの次の作品が楽しみです。


Comment

非公開コメント

No title

こんにちは(*^_^*)ご無沙汰しております。
菜の月です。
マメ子さまのこちら『マメる』のおかげで、今は、ガラパロから遠ざかり、すっかりオンノベにハマってしまいました。
今回、紹介頂いた作者様、以前マメ子様が紹介された『視線』と同じ方なのですが、私もこの方の作品は大好きです。今連載中の『赤い紐』に、ただいま悶え中です。

オンノベ本当に、楽しいですよね❤
オンノベのおかげで、自分が実はファンタジー好きな事も知りました。(ご存知かと思いますが、今は小説家になろうの水芙蓉様のファンです。)

そして、マメ子様もオリジナルも楽しみです。
『雪の音』首をながくして待っています❤

Re: Re: No title

> 菜の月さま
>
> こんにちは。お久しぶりです。
> 書いている私も、今はガラパロよりオンノベに心惹かれています。
>
> 「視線」の七誌さまと、素子さまが同じ方だったのですか?! 衝撃的な情報をありがとうございます。
> お名前をいくつもお持ちでいらっしゃる作家さまなのですねぇ。
> 「赤い紐」は、私も大好きですよ。
> 水芙蓉さまの「お伽話の末裔」は読みましたが、他は未読です。読んでみますね。
>
> 私もファンタジーは苦手でしたが、オンノベを通して好きになりました。食わず嫌いだったようです。
> 最近はちょっとBLにもハマ・・・はっ、いけない、いけない。笑
>
>
> オリジナル・・・・・・も、頑張ります。はい。
>
>
> こまめ

No title

お返事、有難うございます。

お時間がありましたら、是非お読みください!
因みに私は水芙蓉さまの作品では「軍神の花嫁」から始まり、「初恋と嫁ぎ遅れ」でハマり、只今「竜の眠る丘に吹く風は」のヒーローに夢中です。←私的には!とにかくカッコいいのです!!

マメ子さまのオリジナルのヒロインも可愛くて(←天然なとこ?)大好きなのですが、こちらの作者様のヒロインも、とても可愛くて大好きです。

マメ子さまのオリジナル、先日は「雪の音」の更新をお願いしましたが、「POLISH」も楽しみにしています❤

レス不要です(*^_^*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。