RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04
07
Category : 恋愛
<作品> 「香港シェヘラザード」 R18 *完結済* ⇒なろう様退会に伴い削除されました。⇒サイトで一部公開されているようです(08.May.2017)
<作者> リスリス+三角くるみ さま
<リンク> 「三角法でくるみを埋める」さま

<作者さま作品紹介より>
初冬の香港。女性拉致誘拐事件をきっかけに、新人外交官水城秋穂はひとりの男と出会う。真逆の世界に生きるふたり。相反する正と価値観。望みもしなかった出会いのお話。※一部とても残酷な描写があります。全体的にシリアスで、暗めの雰囲気です。

凄い! な作品でした。
以前から気になっていたのですが、シリーズもので流そうで暗そうだからと思ってなかなか手が出なかったのですが、これが読みだしたら止まりませんでした。
確かに全体的に暗いかも知れませんが、暗いというより、音があるのに妙にひっそりとした静けさのある世界といった感です。
流血や暴力の出てくる作品は苦手なのですが、このお話の中では避けて通れないものなのは事実で、それがあるから、2人のいる世界が全く異なるものであることを知ることができます。
特にこの「香港シェヘラザード」は、昔の香港ノワールのように非常に雰囲気があります。

少々頑なすぎるように私には思えた秋穂ですが、シリーズを読み進むうちに、彼女のその性格こそがあのラストへと導いたのだと分かります。
すごいと思うもう1つは、あらすじです。最後まで、秋穂の名前しか出てきません。物語は三人称です。しかし、秋穂の心を揺るがすことのできる唯一の彼の名前が出てこない。
私は新しいシリーズを読み始める度にいつも、「もしかして?」とハラハラしました。
これだけ、幸せになってほしいと読みながら思った2人はいませんでした。

あんな2人のR18シーンは、いわゆる”朝チュン”系ではないかとの予想を大きく裏切り、濃厚でした。なんでしょうね、彼のあのエロさ。素敵。笑

シリーズ完結後、蛇足短編集として「ジュネーヴラヴァーズ」があるのですが、読めて幸せです!


Comment

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

○○○さま (ひらがな3文字)

こんにちは。
オンノベを読む度に、無料で読ませてもらえるなんて、という気持ちになります。
どのお話も好きです。そして、貴方が挙げた作品の3本は、私も特に素晴らしいと感じた作品の1部です。

コメントをありがとうございました。


こまめ

No title

リスリスモンスターさまは近々、なろうさんを退会なさるらしいですよ。

Re: No title

無記名さま

ご指摘ありがとうございました。
しばらく掲載されていましたが、とうとう退会されましたね。残念ですが、その前に再読できてよかった・・・。


こまめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。