RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11
11
Category : 恋愛
<作品> 「冬の人魚姫」 *完結済み*
        Top Page → 「中編完結」→ 作品バナーへ
<作者> 石田累 様
<リンク> サイト名「天上の藍」一部年齢制限あり

<作者さま作品紹介より>
「私の身体、買ってくれませんか?」
不動産会社の専務職につく美貌のエリートビジネスマン御守。
一人の奇妙な少女が、彼に持ちかけた愛人契約。
二人の駆け引きのような恋愛ゲームの行方はー・・・、

<主観で感想>以下よりどうぞ☆

この方の作品は、とても透明感があって好きなのです。
基本的に全年齢対象作品が多いのですが、具体的に描写されていないからこそ生まれるエロティックさがあります。そして、淡々と描かれているようで、とてもドラマティック。
何本も既に出版化されていますが、私が1番好きなのがこちらの作品です。

オンノベでは、多数の好みからは当然ですが、シチュエーションが似ているものが多くあります。王道、というものですね。ですから、美貌の資産家に言い寄る女性、というだけでは確かにそうです。が、その王道をマンネリという言葉から程遠い作品にしてしまうのが、この作家さま。
何より、ヒーローが素敵です。むふふ。
”デキる男”と”美貌の男”であるヒーローは大好きですが、こちらの御守さんは、文章から、デキる男なのだろう・・・と読者に思わせるには十分。そして「過去のある男」である男のため、時折出てくる”過去らしき”シーンが、本筋にどうかかわってくるのだろうかとミステリアスでもあります。
冷たくて女性に気を許したりなどしなさそうな彼が、キュートで、しかし何か秘めたもののありそうなヒロイン有紀と知り合って以来内面に変化をもたらしていく様には、はあ、と息をつきます。
非常にドラマティックな作品です。

作品は、「冬」です。
タイトルにふさわしく、読んでいて季節を感じます。
なぜ”人魚姫”なのか、というのは終章で分かります。そこまでに散りばめられた伏線が、ようやく全部つながっても、そういうことだったのか、という安堵よりは、切ない。
そしてラストには、ため息の嵐です。


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。