RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10
14
Category : 恋愛
<作品> 「Fata Morgana -蜃気楼-」R18 *完結済み*
        Home → メニューバーから"novels" → "Fatal シリーズ"
<作者> 泉 怜奈 さま
<リンク> サイト名「Love & Eros」R18

<作者さま作品紹介より>
忘れられない人がいる
その人は金をまき散らし女を買う澄んだ瞳をした男
砂漠のオアシス、海面に浮かぶ都市、あり得ない幻影
それがこの男 
ファタ・モルガーナ(蜃気楼)のような・・・最後の恋
決して結ばれることのない………
なぜなら彼を失うことが怖いから


<主観で感想>以下よりどうぞ☆
エロスでした。笑

ヒロインの純子は悲しい意味で波瀾万丈なのですが、ストーリーは誰の視点からも淡々と描かれているせいか、物語そのものがエロティックに感じます。
どのシーンも、分かりやすい言葉で丁寧に表現されているせいで、読んでいると情景が浮かびます。
恋人の借金のために娼婦になる、というところから始まりますが、登場人物は一部の人を除けば日本人であるにも関わらず、なんとなく外国が舞台のようです。そこがまた、退廃的なのです。
純子が娼婦として出会った3人の中の1人、このシリーズのキーパーソンでもある京介が非常に魅力的で(彼は結構非道ですが)、もっと登場してくれないものかと楽しみでした。
純子にとっての「忘れられない人」が誰なのかは、最初に数話で分かります。そこにあるのが憎しみなのか、それとも歪んだ慕情なのか、普通の会社員と娼婦という2つの異なる生活を送っていく彼女を追っていくうちに明らかになりますが、何らトリッキーではなく素直に進んでいく物語はドラマティックというよりは、やはり官能的です。

最後は恐らく予想の展開で締めるのですが、それまでの激しさを思えば、こういう形で落ち着いたのがよかったのかなと、思ってみたり。
現実を思えば荒唐無稽。でも、オンノベだからこそ楽しめるそれらは、やはり楽しくてなりません。

主要登場人物は多くありません。
そしてその中の塔子さんの物語が現在連載中(京介さんのお話は完結済みです)で、続きを待っている作品の1つです。


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。