RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.07
16
Category : 恋愛
<作品> 「愛した軌跡をいつまでも」R18 *完結済* 
<作者> 七瀬れい さま
<リンク> サイト名 「でこぼこ。」(R18)  ←2015年4月4日、サイト名を「Olive Cafe」から変更されました。扉絵がいつもキュート♪⇒2018年9月25日にサイト・ブログ共に閉鎖されました。

<作者さま作品紹介より>
  無気力な少女・沙織がある日不思議な体験をして異世界へ。
  そこで二人の男性と運命に翻弄されながら、やがて衝撃の真実に辿り着く。
  様々な経験を通して成長した彼女が、最後に下した決断とは……。
  飾らない等身大の女の子の視点でおくる洋風長編恋愛ファンタジー

<主観で感想>以下よりどうぞ☆
切ない。
これが”胸がキュンとする、というものなんだなあ”と感じた作品でした。
こちらの作家さまはご自身で絵も描かれるため、各話に絵が挿入されています。そのため、いつもなら文章から読み手がそれぞれの脳内でイメージを具象化するのですが、そのイメージ化がとてもしやすいです。素敵な絵なので、余計にときめき度が増しました、私の場合。

あとがきにて、作家さまが「長すぎたかも知れない」といったようなことを書かれているのですが、私からすると、もっと長くても問題なし、むしろ嬉しい、といったくらい。登場人物の心理描写がとても丁寧で、また時折ヒーローであるマオとエディルたち一人称の話もあるため、恋愛以外の3人の様子もよく分かりやすいです。
ヒロインの沙織のキャラクターが、とても詳細に描かれています。
そして肝心のヒーローたちですが、これがまたどちらも素敵なのです。物語の始まった当初はマオ17歳、エディル34歳ですが、いずれその年齢とは思えぬ落ち着きと色気。
恋愛ものでは、読み手は自分をヒロインの身に置き換えて読み進む人が多いのではないでしょうか。いわゆる逆ハー、溺愛、といった状況に心トキめかせる人も多いと思う(なぜなら私が好きだから・・・。笑)のですが、この2人のヒーローを前に、「自分だったらどちらを選ぶか」というのを非常に困難にさせる素敵なヒーローたちなのです。
私個人としては、もし現実だったらこちらを選ぶけれど、もし私が沙織だったら、あちらかなあ、などと真剣に悩んでみたり。
いえ、しかし、あの孤高の方の一途さに、読んでいて胸が痛くなるのです。1度はこういう風に愛されてみたい、と思う人も多いのでは。

そしてお話は最初に出てくる大きな伏線が、後半になって明かされます。
その伏線があるから、こちらの作品は「トリップ」ではなく「異世界」に分類することになりました。
残りの数話では、恐らく読者が予想していた”こうでなければいいな”という方向へと進み、沙織が幸せであればあるほど、怖くなっていきます。
そして物語の最後に、どうしようもない切なさ。

はっきりとしたハッピーエンドが好みの方には、もしかしてこちらの作品はそれに類さないかも知れません。
実際私も、「どうしてなのだー!」とラストに悶えたものですが、是非、あとがきも読んでみてください。そうしてようやく、だからこういう終わり方なのだなと、ストンと心の中で落ち着きます。
とはいえ、誰の目からも明らかな幸せの部分ばかり繰り返し読んでいるのですが。笑
一部、コミックとしておさめられています。そちらも是非読んでみてください。
とてもとても、素敵なお話でした。

この作家さまの雰囲気と絵があまりに好きすぎて、書籍化されている「プラトリーナ」をアマ○ンで早速注文してしまいましたよぅ。

Comment

非公開コメント

とても面白かったです。
長かったけど読みたくて、でも終わってほしくなくて
なんだか主人公と私に共通する点もあるし
とにかく心理描写が細かく挿し絵があるのてあまりなにも考えなくてもよめました。
男性目線の心理描写もあり、あれがなかったら主人公になりきってる私にはきつかった、なーなんて思いながら(笑)でも、あれだけ細かい描写をされいるのにラストが読めなかったです。

Re: タイトルなし

モモさま

> 長かったけど読みたくて、でも終わってほしくなくて
私も同じ気持ちでした。
そして最後の方は、もしかして、もしかして、でもまさか、と非常に緊張をしながら読み進めました。
ラストは私の好きな終わりではありませんが、ああいう終わりしかなかったんでしょうね。
そして、第2部もあることから、幸せな物語になりますようにと願ってます。
挿絵が美麗で、マンガ(?)の方も、つい何度も読んでしまう私です。

それにしましても、作者様の体調が大変なご様子で心配です。
元気になって戻ってこられる日をお待ちするばかりです。


こまめ

ご返信ありがとうございます。
本当に切なくて何度も胸が締め付けられました。
すべては、ルイジェの思惑通りな気がしますが(笑)しばらくは、読み返しては思い出したりしてますが、最初の出会いとか。最後のところは、息が詰まって読み返せません(笑)

Re: タイトルなし

モモ様

私は今でもラストは読めません。笑
そこに至る少し前のところで止めてしまうのです。
長いお話ですから、山場がたくさんあって、しかも時々入る男性視点がとても嬉しいです。そのあたりを、いつも繰り返し読んでは浸っています。

確かに、全てルイジェの思惑通りですね。
もしかしては彼は、最後の最後まで、そして第2部のお話まで、全て見越していたのでしょうか。


こまめ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます