RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06
20
Category : 恋愛
<作品> 「太陽の契約」R18 *完結済*
<作者> 雪生さま
<リンク> サイト名 「Lovers」  (R18)

<作者さま作品紹介より>
男を信じていないOL笙子の火遊びは、見知らぬ男との「一夜の情事」。
ただ、男は笙子を知っていた。
数ケ月後、上司と部下として再会。
強引に証拠に関係を迫る東吾・・・・・・
愛人という立場を受け入れていく笙子・・・・・・

<主観で感想>以下よりどうぞ☆
"リンク"をサイトのTOPページにつなげさせていただこうとしたのですが、一定期間以上更新がされていないせいか自動的に広告先に画面が切り替わってしまうため、作品の方だけリンクさせていただくことにしました。確認した限りでは、リンクはTOPページ限定、といった記述はサイト内で見つけられなかったのですが。大丈夫かな。ヒヤヒヤ
他の作品にご興味を持たれた方は、「太陽の契約」のTOPページ下にある「NOVELS」から進まれることをお勧めします。

さて。
大好きな作家さまです。
連載中のお話がいくつかあり、執筆を再開されないかなぁ♪と、ひそかに心待ちにしています。
その中でもとりわけ好きなお話が、こちらです。

雪生さまの描くヒーローは、とても男性的で、雰囲気があります。
強引で勝手なあたりは「オレ様」と言えなくもないのですが、お話全体に流れるムードや、ヒーローの言動の端々から感じられるものは、「オレ様」と呼ぶには大人すぎます。そして、絶倫。笑
ああ、仕事がデキて、お金があり、見目麗しく、そっち方面にも強い男性に求められたい、という女性は何と多いことだろう、オンノベの海を泳いでいるとよく思うことがあります。
そういう男性は、まま”自己中”であることも多く、もちろんこのお話のヒーロー東吾も一見、そのタイプではあります。
どれだけオレ様なんだ!(笑)と思いつつも、笙子が相手ではそうしないとお話が進まないのも確か。
ヒロインである笙子には東吾の考えていることは理解できないのですが、読者にはやはり分かってしまうため、彼女のプライドや意地を張ってしまう気持ちと、彼女のそういう機微には気づけない、なのに自分の望む通りに彼女を扱ってしまう東吾との、どんどんとすれ違っていく関係がもどかしく、どんな風にハッピーエンドに持っていく(私はハッピーエンドしか読まないですからねえ・・・)のか、最後までドキドキしました。

最初にベッドイン、次に心を通わせていくという、設定そのものはオンノベでよく見られるセオリーの1つですが、登場人物に魅力があるせいと、全体的にテンポがよく、そしてもちろん私の好みに思いきり当てはまってしまったせいなのか、しつこく何度も読み返さずにはいられない素敵な作品なのです。なんて、すっかり雪生さまのお話に魅入られた私などは思うのです。

「遺産相続人」も面白いですよぅ。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。