RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.10
29
Category : 洋風
<作品> 「氷と花」 R18 ⇒10.Dec.2016 に完結しました☆
<作者> 泉野ジュール  さま
<リンク> 「小説家になろう」さま

<作者さま作品紹介より>
氷のように冷たい彼が、恋に破れたマージュの新しい婚約者となった。冷徹なビジネスマン。幼い頃から知っているのに、ただの一度もマージュに興味を示したことのない疎遠なひと。これは愛のない結婚になるはずだった……。しかし、春の雪どけのように、彼の氷の仮面がゆっくりととけていく時、マージュの愛も花ひらいていく。産業革命時代をモデルにした、英国風ロマンス。

Only with Your Heart」の作者様の次作です。
英国風ロマンスと聞くと、一時期自分がハマったこともあって、ハーレクイン小説を思い浮かべます。大抵ヤンデレだったりするのですが、容貌よし、資産あり、人徳あり、仕事もデキて、挙句にヒロインを溺愛という、多くの女性が自分にも現れないかと一度は願うヒーローが登場します。でも一見、ヒロインの目には冷酷だったり、自分を嫌っている、という誤解が生じています。
すれ違っていた2人が紆余曲折を経て誤解を解きながら親密になっていく過程は、とてもドキドキして大好きです。
・・・という物語を勝手に想像。(長くてすいません)
「Only with Your Heart」の作者さまなら、きっと素敵な結末にしてくださるのだろうなと、連載は始まったばかりですが期待しつつ拝読しています。

舞台が英国風のため、頭の中で想像がしやすく、より楽しく読めます。
クラシカルな雰囲気も素敵ですねぇ。

物語はヒロインであるマージュの一人称ではなく、時にヒーロ、ネイサンの視点も入ります。
2人の間にある誤解から生じるすれ違い。ネイサンに対し負い目のようなものを持っているマージュより、冷静沈着で、マージュからまるで悪魔のようにでも思われているけれど勿論決してそれだけであるはずのない彼が行動を起こすのでしょうか。

続きがとても楽しみです。

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。