RSS
Admin
Archives

マメる。

オンラインノベルや本やコミックや。もう1度読み返す時のために、忘れがちな自分の備忘録。

プロフィール

Author : こまめ
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
オンライン検索・リンク
リンク先様(素材)
カウンター
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04
30
Category : 恋愛
<作品> 「お隣さんの、お隣さん」 *完結済*
<作者> 水藍さま
<リンク> サイト名 「水藍の、勝手気ままな小説ホームページ

<作者さま作品紹介より>
お隣さんは今日も行く。Going my お隣さんち。
暴走気味なお隣さんに振り回されたり、
宥めつつ振り回し返したりしている。
何だかんだ言って愛すべき隣人な、お隣さん同士のお話。
ラブなのかどうかはともかく、二人は今日も何とか一緒。
お隣さんの、お隣さんによる、お隣さんのための(?)
ほのぼのコメディ。

<主観で感想>以下よりどうぞ☆

キュートです。とにかく、キュートの一言につきます。
お隣さんは、よく勉強ができてしかも外見も素敵な同級生。そして主人公は、いわゆる「普通」の女子高生なのですが、その天然っぷりに、笑いが込み上げます。
結構言葉遣いが悪かったり毒を吐いたり、しかも鈍ちんで、かなりマイペース。
お話は、意地悪なクラスメイトが出てきたり、かっこいい先輩が出てきて「きゃっ♥」といったような王道的ヤマはないのですが、むしろ、こちらのお話は、それがないためになおよい、といったところでしょうか。

ほとんど毎日お隣さんである早月の部屋に入り浸る美優。作者さまの表現で、”これでもかっていうくらい”、いるのです。彼氏彼女でもないのに。笑
なぜそうなったか、というそのあたりは、ストーリーの流れそのものには影響しないのですが、そのきっかけを作ることとなった双方の両親の言動(番外編で顕著に・・・)に対する早月の心の声など、細部までしっかりとした設定で、楽しいです。
さてこの早月ですが、クールなのです。淡々としています。美優に対しては優しい(他の人との絡みの描写がほとんどないので、対美優しかわかりませんが)部分もあるのですが、その、はっちゃけた美優には何しろ伝わりにくい優しさ。←というか、美優は誰の心も斜め方向への解釈なのでしょう。
そして、美優の一人称のため、読み始めは、「もしや、このお話のラストは?」と読み手に心情を悟らせぬ早月ですが、徐々に、徐々~~に、物語の中に「恋」らしきものが芽生えていきます。多分。
あまり彼女が早月の部屋に入り浸っているシチュエーションばかりのため、いったいどういう話の展開になるのか全く読めず、ドキドキ感は最後まで持続。むしろ、上がりっぱなしでした。
美優の親しい同級生2人も交えて、読み終えるのがもったいないほど、ドキドキさせてくれます。でも、続きが気になって仕方がないのです。
こんなお隣さんがいたら、高校生活は、さぞかし楽しかろう・・・などと思った私です。

このお話の対象年齢は、かなり若いかも知れません。
私は学園もの、特に学校が舞台の作品は基本的に読まないのですが(共感を得るには、少々私の年齢に無理があり・・・)、そんな先入観があってなお、とてもとても楽しませていただいた作品です。
続編も多く書かれていて、本編以外でも楽しみが満載です。

という、素敵なお話でした。



Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。